WiFiのセキュリティ

侵入被害が急増中!フリーWi-Fiで侵入された場合の被害と、防ぐための具体的方法

フリーwifi リスク
当サイトのコンテンツ内にはプロモーションを含みます。

今や外出先で使えることが当たり前になったフリーWi-Fiは、接続が簡単で手軽な役に立つサービスです。

しかしフリーWi-Fiはセキュリティが甘い場合も多く、中には「野良Wi-Fi」など、そもそも犯罪のために作られているの罠のWi-Fiもあります。

もしこれらに接続したら、スマホやパソコンに侵入されてしまい、ウイルス感染や個人情報を漏洩してしまうなどの危険があります。

具体的にどのような危険があるのかと言うと、端末の乗っ取りやウイルス、そして個人情報の漏洩です。実は、無料Wi-Fiは悪意のある人からすれば何でもできてしまう無法地帯です。

無料Wi-Fiの侵入リスク
  1. 仕事なら、データを盗まれて情報漏洩 → 訴訟問題
  2. プライベートならSNSを乗っ取られる → 知り合いや親が詐欺被害
  3. クレジットカードや銀行情報 → お金を盗まれる
  4. ショッピングサイトのログイン情報が盗まれる → 勝手に高額な買い物をされる

速度が遅い場合は、このような犯罪者に狙われている可能性があるため、セキュリティを確保した状態で利用するようにしてください。

知らないうちに被害に遭わないためにも、正しい知識を持ってフリーWi-Fiを使えるようにしましょう。

この記事では「フリーWi-Fiを通して侵入されてしまうことの危険性」「フリーWi-Fiを安全に使うための方法」を説明します。

今フリーWi-Fiを使うなら絶対に知っておくべき、最も効果的な安全策について下記の記事で徹底的に解説しているので、よくわからない方は先にこちらを理解しておいてください。

VPNサービス VPN
【2024年最新】VPNならMillenVPNが間違いなく最強である理由 この記事ではテレワーク歴5年、会社もリモート中心で経営している私が VPNを絶対に使った方が良い理由 Mille...

 

フリーWi-Fiを使うことの危険性


フリーWi-Fiは外出先で通信量を節約したいときや、タブレットやパソコンでインターネットを利用したいときに便利なサービスです。

しかし一方で、フリーWi-Fiには危険も潜んでいます。

具体的には

  • ウイルスに感染させられてしまう
  • 不正アクセスされてしまう
  • 通信内容を見られてしまう
  • 個人情報を漏洩してしまう

上記のような危険性があります。

ひとつずつ説明します。

 

ウイルスに感染させられてしまう

フリーWi-Fiを通じてウイルスに感染させられてしまう可能性があります。

スマートフォンやパソコンがウイルスに感染してしまうと、端末自体が乗っ取られてしまう危険があります。

もし乗っ取られてしまうと、乗っ取った相手が操作をしてしまうことになります。

 

不正アクセスされてしまう

悪意のある第三者が、あなたの端末に不正アクセスをしてくる危険があります。

不正アクセスを許してしまうと、前述した「ウイルス感染」や後述する「個人情報の漏洩」にも繋がります。

 

通信内容を見られてしまう

通信内容を見られてしまう危険があります。

通信内容が見られてしまうと、メッセージやメール・電話などの通信内容が漏洩してしまいます。

また重要なデータをやり取りしている場合、そのデータも見られてしまう危険があるので、重大な情報漏洩に繋がることも考えられます。

 

個人情報を漏洩してしまう

上記で説明した3点を許してしまうと、あなたの個人情報が漏洩してしまう危険があります。

個人情報とは、名前や住所・クレジットカード・銀行口座などの情報を指しています。

個人情報が漏洩してしまうと、金銭的なトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

 

接続してはいけないWi-Fiの種類


外出先で見つかるWi-Fiにはいくつか種類があります。

例えば

  • 有料の公衆Wi-Fi
  • 無料の公衆Wi-Fi(暗号化あり)
  • 無料の公衆Wi-Fi(暗号化なし)

上記のようなWi-Fiです。

しかし中には接続してはいけないWi-Fiがあります。

具体的には

  • 通信が暗号化されていないWi-Fi
  • 提供元が不明なWi-Fi(野良Wi-Fi)

上記のWi-Fiは、絶対に接続してはいけません。

なぜならあなたの端末に侵入されてしまい、トラブルに巻き込まれてしまう危険があるからです。

それぞれどのような特徴があるかを説明します。

 

通信が暗号化されていないWi-Fi

通信が暗号化されていないWi-Fiは、主に誰でも使える「フリーWi-Fi」に多くあります。

通信が暗号化されていないと、悪意のある第三者がWi-Fiを通して端末に侵入してくる危険が高まります。

例えば「コンビニのフリーWi-Fi」「駅や空港などの交通機関にあるフリーWi-Fi」などは、まだ通信が暗号化されていないことが多いです。

通信が暗号化されているかは、あなたのいるエリア内の接続可能なWi-Fi一覧を表示されせれば分かります。

通信が暗号化されていれば、Wi-Fi名に錠前マークがついています。

錠前マークがついていれば、通信が暗号化されている証となります。

 

提供元が不明なフリーWi-Fi(野良Wi-Fi)

提供元が不明なフリーWi-Fiを「野良Wi-Fi」と呼びます。

悪意のある第三者が、接続してきた端末の情報を盗むために、わざと設置しています。

スマートフォンが乗っ取られてしまったり情報漏洩が起こるのは、この「野良Wi-Fi」によるものが多い傾向です。

なので「提供元が不明なフリーWi-Fi」には、絶対に接続しないようにしましょう。

 

フリーWi-Fiを通して侵入されるとどうなる?


スマートフォンやパソコンなどの端末に侵入されてしまうケースは、野良Wi-Fiよる被害が多い傾向です。

では端末に侵入されてしまうと「どんな被害に遭ってしまうのか?」の一例を紹介します。

 

スマートフォン・パソコンを勝手に初期化されてしまう

ウイルス感染や不正アクセスによって端末を乗っ取られてしまい、端末を勝手に初期化されてしまうこともあります。

初期化されてしまうとデータの復旧も難しいので、大きな痛手となってしまう人も多いでしょう。

 

GPS機能を見られて、常に動きを監視される

スマートフォンの場合、GPS機能を見られ、あなたの位置情報を見られてしまう危険があります。

位置情報は常に監視されてしまう可能性もあるので、あなたの行動がすべて筒抜けになってしまい、空き巣被害に遭ってしまう危険もあります。

また女性の場合、位置情報を常に見られてしまうので、ストーカー被害の原因になってしまう危険もあります。

 

クレジットカード情報が盗まれて、不正利用される

クレジットカード情報を盗まれてしまうと、不正利用されてしまう危険があります。

不正利用されてしまうと、あなた名義のクレジットカードで買い物をされてしまい、請求だけがあなたに届くという事態になります。

 

大事な端末に侵入されないためにできる対策


端末に侵入されてしまうと、あなたの大事な個人情報が漏洩してしまったり、不正利用されてしまうことを説明しました。

大事な端末に侵入されないためにも、以下で紹介する対策を行い、端末に侵入されないようにしましょう。

 

提供元が不明なフリーWi-Fiには接続しない

提供元が不明なフリーWi-Fiには接続しないようにしましょう。

なぜなら、悪意ある第三者が接続してきた端末に侵入し、情報を盗もうとしている可能性が高いからです。

「どこが提供しているのか?」を必ず確認し、提供元が不明な場合は、Wi-Fiに接続しないようにしましょう。

 

通信が暗号化されていないWi-Fiには接続しない

通信が暗号化されていないWi-Fiには接続しないようにしましょう。

通信が暗号化されていないということは、パスワードも設定されていないため、誰でも通信に入れてしまうということです。

そのため悪意ある第三者がWi-Fiを通じて、あなたの端末に侵入してくる危険があります。

通信が暗号化されているかは、前述した「Wi-Fi名に錠前マークがついているか」を確認することで判別できます。

Wi-Fiに接続する前に、通信の暗号化がされているかは確認するようにしましょう。

 

自動接続機能は使わず、手動でWi-Fiに接続する

スマートフォンには、接続したことのあるWi-Fiに自動で接続する機能があります。

自動で接続してくれるので便利ではありますが、知らないうちにフリーWi-Fiに接続されてしまうこともあるのでリスクもあります。

もし自動で接続されてしまったフリーWi-Fiが、パスワードの設定されていないWi-Fiだと、そこからあなたの端末に侵入されてしまう危険もあります。

そうならないためにも手間ではありますが、自動接続機能は使わずに、手動でWi-Fiに接続するようにしましょう。

 

モバイルWi-Fiを使う

モバイルWi-Fiを使うことで、端末への侵入を防ぐ対策になります。

なぜなら、あなたしか使わないWi-Fiだからです。

モバイルWi-Fiは、提供している会社と契約して使う有料のサービスです。

そのため通信が暗号化されており、かつパスワードも設定されています。

パスワードは「あなたが教える」「本体に書いているパスワードを盗み見る」かをしないとモバイルWi-Fiに接続できません。

「フリーWi-Fiに接続しない」という点でも、強固な対策になります。

 

VPNを使う


VPNとは、「Virtual Private Network(バーチャル・プライベート・ネットワーク)」の略称です。

「仮想プライベートネットワーク」とも呼びます。

今フリーWi-Fiを使うなら絶対に知っておくべき、最も効果的なVPNについて下記の記事で徹底的に解説しているので、よくわからない方は先にこちらを理解しておいてください。

VPNサービス VPN
【2024年最新】VPNならMillenVPNが間違いなく最強である理由 この記事ではテレワーク歴5年、会社もリモート中心で経営している私が VPNを絶対に使った方が良い理由 Mille...

下の記事では、当サイトが厳選した最強VPNサービス3社を、徹底的に比較しています。

その中でも、MillenVPNを特に推奨する理由についても詳しくわかりますので、こちらもぜひ読んでみてくださいね。

【2024年7月】有料VPNおすすめ決定戦!最強3社を徹底比較!この記事では、『有料VPNサービスのおすすめトップ3社』を中心に、比較しながら解説します。 単にスペックや料金だけを並べて見るので...

VPNを使えば、普段の通信やフリーWi-Fiを使っているときでも、安全にインターネットを使えます。

なぜなら、VPNは通信を暗号化してくれるサービスだからです。

通信が暗号化されてしまえば、あなたの端末への侵入を防いでくれます。

もし仮に何らかの手段で侵入されてしまったとしても、VPNによって情報が暗号化されているため、データが盗まれてしまうことを防ぐことができます。

また前述した、悪意のある第三者が設置する「野良Wi-Fi」には、Wi-Fi名を本物と似せて設置する「なりすまし」もあります。

これらは判別が難しく、提供元がしっかりしていると思っても、実は「なりすましの悪意あるWi-Fiだった」ということもあります。

個人でできる対策には限界があるので、「個人の対策+セキュリティ技術」を使うことで、あなたの端末への侵入を防ぎ、個人情報の漏洩などを防ぐようにしましょう。

 

まとめ

以上が「フリーWi-Fiを通して侵入されてしまうことの危険性」「フリーWi-Fiを安全に使うための方法」です。

フリーWi-Fiは便利なサービスですが、フリーWi-Fiを通して侵入されてしまう危険もあります。

あなたの端末に侵入されてしまうと、金銭的なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

そうならないためにも、フリーWi-Fiの接続には十分注意し、「VPN」などのツールを使いながら安全にインターネットを使える対策をしましょう。