WiFiのセキュリティ

フリーWi-Fiプロテクションとは?安全性とリスクについて徹底解説

フリーwifiプロテクション セキュリティ
当サイトのコンテンツ内にはプロモーションを含みます。

今や至るところで見かけるようになったフリーWi-Fiを、積極的に使っている人は多いのではないでしょうか。

フリーWi-Fiは便利ですが

  • パスワードが設定されていなかったり
  • パスワードが誰でも分かるようになっていたり
  • 提供元がどこか分からなかったり

と信頼性の低いフリーWi-Fiが多くなっています。

通信内容を暗号化し保護してくれる「フリーWi-Fiプロテクション」のようなアプリを使えば、安心してフリーWi-Fiを使えます。

この記事では「フリーWi-Fiの安全性」「フリーWi-Fiプロテクションとは何か」についてを説明します。

 

フリーWi-Fiは安全か?

フリーWi-Fiはスマートフォンの通信量を節約したいときに便利です。

しかし一方で、通信内容を見られたり、個人情報を盗まれたりする危険もあります。

なぜならフリーWi-Fiは誰でも使えるからです。

フリーWi-Fiの中には

  • パスワードが設定されていない
  • パスワードが貼り出されている

上記のような場合があります。

フリーWi-Fiの持つ危険性を理解しておかないと、トラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

トラブルに巻き込まれないためにも、「フリーWi-Fiプロテクション」を使うなどのセキュリティ対策をしましょう。

フリーWi-Fiの危険性について下記の記事で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてみてください。

無料wifi 注意点
無料Wi-Fiで絶対にやってはいけないこと3つ!テレワーク歴5年の経営者が詳しく教えるよ。外出先で気軽に利用できる無料(フリー)Wi-Fiは、通信量を節約したいときに便利です。 しかし利用方法を間違えてしまうと、不正アク...

 

セキュリティ対策をしないと危険


何も対策をせずフリーWi-Fiを使うのは、とても危険です。

悪意ある第三者が個人情報を悪用しようと、わざとパスワードを設定していないWi-Fiを設置していることもあります。

もし悪意あるWi-Fiに設置してしまうと

  • ウイルス感染させられてしまう
  • 個人情報を悪用されてしまう
  • あなたの端末を経由し、他の端末に攻撃されてしまう

上記のようなトラブルに遭ってしまう可能性があります。

ではこのようなトラブルに遭ってしまうとどうなるのか?

それぞれ説明します。

 

ウイルス感染させられてしまう

あなたの端末に侵入し、ウイルス感染させられてしまう危険があります。

もしウイルス感染してしまうと、端末内のデータを勝手にどこかへ送信されてしまったり、勝手に端末を初期化されてしまうことがあります。

 

個人情報を悪用されてしまう

個人情報を悪用されてしまうと、金銭的なトラブルに巻き込まれる危険があります。

例えば「クレジットカードの不正利用」などです。

クレジットカード情報を盗まれてしまい、勝手に買い物をされ、請求書だけが届くといったことも起こりえます。

 

あなたの端末を経由し、他の端末に攻撃されてしまう

場合によっては犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。

例えばあなたのスマートフォンを経由して、他のスマートフォンの情報を盗んだ場合、記録上はあなたのスマートフォンが情報を盗んだことになります。

実際に情報を盗んでいないとしても、それを証明することが必要になり、時間と労力を消耗してしまうことになりかねません。

 

被害に遭わない・巻き込まれないためにも対策をしよう

  • ウイルス感染させられてしまう
  • 個人情報を悪用する
  • あなたの端末を経由し、他の端末に攻撃する

上記のような被害に遭わない、もしくは巻き込まれないためにも、「フリーWi-Fiプロテクション」でセキュリティ対策をしましょう。

 

フリーWi-Fiプロテクションで通信を暗号化

「フリーWi-Fiプロテクション」は通信を暗号化してくれるため、通信内容を見られたり、個人情報を盗まれないようにしてくれます。

では「フリーWi-Fiプロテクションとはどんなものなのか?」を紹介します。

 

フリーWi-Fiプロテクションとは

「フリーWi-Fiプロテクション」とは、トレンドマイクロが提供しているアプリです。

トレンドマイクロはセキュリティメーカーとして有名で、『ウイルスバスター』というセキュリティ対策ソフトで広く知られています。

「フリーWi-Fiプロテクション」を使うと、Wi-Fiを使った通信をVPNによって暗号化してくれます。

通信が暗号化されることで

  • 通信内容が見られる
  • 個人情報を盗まれる

といった危険から守ってくれます。

 

VPNとは

VPNとは「Virtual Private Network(バーチャル・プライベート・ネットワーク)」の略称で、「仮想プライベートネットワーク」とも呼びます。

VPNはインターネット上に仮想のあなた専用の回線を用意し、安全な状態で通信を行える仕組みです。

そのため、通信内容を見られたり盗まれたりすることを防げるようになります。

下の記事では、VPN接続の仕組みについて、より詳しく解説しています。

VPN 初心者
【超簡単】VPN接続とは?仕組み・できることをわかりやすく解説!VPN接続とはネットワークを簡単に構築できる画期的な技術です。 WEBサイトのSSL(Secure Sockets Layer)や...

当サイトでは、数あるVPNサービスの中でも、MillenVPNを最もおすすめしています。

MIllenVPNトップページヘッダー_20231207

月額396円〜で利用できる1番コスパが良いVPNであり、かつ、日本運営の会社でセキュリティがとても強固で安心だからです。

MillenVPN 公式サイト

下の記事で、MillenVPNの特徴について、より詳しく解説しています。

VPNサービス VPN
【2024年最新】VPNならMillenVPNが間違いなく最強である理由 この記事ではテレワーク歴5年、会社もリモート中心で経営している私が VPNを絶対に使った方が良い理由 Mille...

下の記事では、当サイトが厳選した最強VPNサービス3社を、徹底的に比較しています。

その中でも、MillenVPNを特に推奨する理由についても詳しくわかりますので、こちらもぜひ読んでみてくださいね。

【2024年7月】有料VPNおすすめ決定戦!最強3社を徹底比較!この記事では、『有料VPNサービスのおすすめトップ3社』を中心に、比較しながら解説します。 単にスペックや料金だけを並べて見るので...

 

フリーWi-Fiプロテクションの特徴

フリーWi-Fiプロテクションには3つの特徴があります。

  • 通信を暗号化してくれる
  • 接続されたフリーWi-Fiの安全性をチェックしてくれる
  • VPNが自動的にオンになる

上記3つです。

ひとつずつ説明します。

通信を暗号化してくれる

「フリーWi-Fiプロテクション」には通信を暗号化してくれるVPN機能があります。

VPNを使えば、フリーWi-Fiを使っているときの通信内容を暗号化してくれます。

そのため信頼性の低いフリーWi-Fiを使ってしまっても、あなたの通信を守ってくれます。

接続されたフリーWi-Fiの安全性をチェックしてくれる

「フリーWi-Fiプロテクション」は、接続したWi-Fiの安全性をチェックしてくれる機能があります。

接続したとき「通信内容を見られるリスク」「通信内容を改ざんされるリスク」などをチェックします。

その結果については、アプリ上で確認できます。

接続しようとしているフリーWi-Fiが「安全」か「安全ではない」かの判断基準になるので、フリーWi-Fi接続は安全性をチェックしてからにしましょう。

VPNが自動的にオンになる

もし「通信内容を見られてしまう」などの危険性があるWi-Fiに接続してしまっても、VPNが自動的にオンになります。

そのため、もし誤って信頼性の低いWi-Fiに接続してしまったり、自動でフリーWi-Fiに接続されてしまっても安全です。

VPNが自動でオンになる条件は

  • 「信頼できないWi-Fi」に登録されたWi-Fiに接続した場合
  • 「パスワード無しのWi-Fi」または「WEPによる暗号化がされているWi-Fi」に接続した場合

上記2点です。

「フリーWi-Fiプロテクション」の設定で「信頼できるWi-Fi」と「信頼できないWi-Fi」に分けて登録できます。

「信頼できないWi-Fi」に登録したWi-Fiに接続してしまった場合、VPNが自動でオンになります。

 

フリーWi-Fiプロテクションを使える端末

「フリーWi-Fiプロテクション」はアプリで提供されています。

そのため使える端末は限られます。

「フリーWi-Fiプロテクション」を使える主な端末は

  • iPhone
  • Android
  • iPad

上記3つです。

もっと細かく説明すると「端末のOS」によって使えるかが異なります。

基本は上記3つの端末で問題ありませんが、あなたの端末で使えるかを確認する必要があります。

フリーWi-Fiプロテクション対応OS

「フリーWi-Fiプロテクション」をインストールするには、下記の環境が必要です。

対応OS iOS

9.0 / 9.1 / 9.2 / 9.3 / 10.0 / 10.1 / 10.2 / 10.3 / 11.0 / 11.1 / 11.2 / 11.3 / 11.4 /12.0 / 12.1 / 12.2 / 12.3 / 12.4 / 13.0 / 13.1 / 13.2 / 13.3 / 13.4

Android

5.0 / 5.1 / 6.0 / 7.0 / 7.1 / 8.0 / 8.1 / 9.0 / 10.0

iPad OS

13.1 / 13.2 / 13.3 / 13.4

 

フリーWi-Fiプロテクションの価格

「フリーWi-Fiプロテクション」は有料のサービスです。

買い切り型のサービスではないので、継続的に料金が発生します。

しかし「いきなり料金が発生するのは抵抗がある」という方でも大丈夫です。

30日間は無料で使えるので、まずは使ってみて、そのまま使い続けるかを判断することもできます。

「フリーWi-Fiプロテクション」は30日間無料で使ったあと、ライセンスという利用権のようなものを購入することになります。

価格は下記をご確認ください。

2年版 5,000円(税込)
1年版(自動更新) 2,600円(税込)
1年版 2,900円(税込)
月額版 (自動更新) 280円(税込)

 

フリーWi-Fiプロテクションをおすすめする人


ここまで「フリーWi-Fiプロテクションとは」「フリーWi-Fiプロテクションの特徴」「フリーWi-Fiプロテクションの価格」について説明しました。

ではどんな人がフリーWi-Fiにおすすめなのか?

おすすめする人は

  • 通信量節約のためにフリーWi-Fiを積極的に使いたい人
  • 駅や空港・ホテルなどのフリーWi-Fiをよく使う人
  • 個人情報の漏洩やプライバシーを守りたい人

上記のような人です。

フリーWi-Fiを積極的に使いたい人やフリーWi-Fiを使う機会が多い人は、必然的に情報を見られたり盗まれたりする危険性が高まります。

対策をしなければトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので、早めに対策をするべきです。

また個人情報の漏洩を心配する人やプライバシーを守りたい人は、セキュリティ意識が高い証拠です。

普段から不安を感じながらフリーWi-Fiを使うくらいなら、まずはフリーWi-Fiプロテクションを使いましょう。

安全にフリーWi-Fiを使えるので心配事が減り、あなたのストレスが少なくなります。

 

まとめ

以上が「フリーWi-Fiの安全性」「フリーWi-Fiプロテクションとは何か」についての説明です。

フリーWi-Fiは便利なサービスですが、信頼性の低いWi-Fiも多くあります。

そのため何も知らずに使っていると、トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

トラブルに巻き込まれないためにも、フリーWi-Fiの持つ危険性を理解し、対策をすることが大切です。

しっかり対策をすれば「より便利に」「より安全に」Wi-Fiを使ったインターネットを楽しむことができます。

この記事を機にVPNを使った便利な生活を送ってみてください。