サーバーについて

レンタルサーバーの使い方!登録からサイトの公開までとっても簡単!

レンタルサーバー 使い方

あなたが仕事や趣味に関する情報発信をしたいと考えた時、最も手軽なのはTwitterInstagramFacebookなどのSNSでしょう。動画や音声ならYouTubeですね。

しかし、SNSをより加速させるには、やはりWebサイトやブログ、メルマガなどと連動させるのが得策です。

しかし、Webサイトやブログ、メルマガを始めようと思ったらレンタルサーバーを利用する必要があります。

レンタルサーバーとは、その名の通りサーバーを借りることのできるサービスです。

レンタルサーバー以外となると、自分でサーバーを立ち上げる方法もありますが、こちらはかなり敷居が高いのでおすすめできません。

レンタルサーバーを使ったことが無い場合も敷居が高いと感じるかもしれません。

また、レンタルサーバーの使い方はサーバー会社によって違うので、サーバーの引っ越しをした場合にも戸惑うことがあるでしょう。

そこで、今回はまず一般的なレンタルサーバーの使い方を紹介し、その後に弊社ミックスホストの使い方について紹介したいと思います。

レンタルサーバーの使い方!申し込みからサイト立ち上げまで!

レンタルサーバーの大まかな使い方としては、次のような手順になります。

  1. レンタルサーバーの選定
  2. レンタルサーバーに申し込む
  3. 管理画面にログイン
  4. 独自ドメインを登録する
  5. サイト作成・運営

では、順に見ていきましょう。

目的に合ったレンタルサーバーを選ぼう!

レンタルサーバーを利用する前に、あなたの使い方に合ったレンタルサーバーを選定する必要があります。

選定の基準としては、主に次の5点でしょう。

  • 容量は利用目的に合っているか
  • 機能は利用目的に合っているか
  • 月額利用料金・初期費用は適切か
  • サーバーの信頼性・セキュリティは問題無いか
  • サポート体制は万全か

まず、最も重要なのは、そのレンタルサーバーがあなたの使い方、利用目的を満たすことができるかという点です。

ディスク容量通信量制限データベースの有無独自ドメインの利用など、あなたが想定している機能が利用できるか否かを必ず確認しておきましょう。

更に、料金についても確認が必要です。

月額料金が安いからと言って、あなたの想定している使い方ができなければ意味がありません。レンタルサーバーの利用料金は月額100円のところもあれば、1万円以上のところもあります。

しかし、サーバーの料金が安い会社では機能的に不十分な可能性も。また逆に料金が高い場合は機能が多過ぎる場合もあります。

ですから、あなたの使い方を想定した場合の丁度良い仕様のレンタルサーバー選定する必要があります。

また、サーバー自体の信頼性サポート体制についてもある程度知っておいた方が良いでしょう。

サポートは24時間体制であるとか、メールでの問い合わせに対しては24時間以内に対応するなどの点も確認しておきましょう。

レンタルサーバーの選定で最も大切な基準

あなたの使い方、利用目的を満たす容量・機能・料金、サポート体制を確認しよう

では、あなたの使い方を満たせるレンタルサーバーが見付かったとして、次はレンタルサーバーの契約です。

レンタルサーバーに契約しよう!

レンタルサーバーの契約は、レンタルサーバーの公式サイトから行います。

公式サイトから、「申し込み」や「お試し」などのページであなたの個人情報を入力します。

必要な個人情報はレンタルサーバー会社によっても違いますが、概ね次の通り。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 住所
  • 個人/法人
  • 会社名(個人利用の場合は不要)
  • パスワード

上記の情報を入力したら、きちんと利用規約を読んで申し込みをしてください。

この時、登録をしている時点で、使い方や動作速度に疑問を感じたら検討し直した方が良いかもしれません。

必要事項の入力が完了したら、先程入力したメールアドレスの方に契約内容の確認メールが送られてきます。

場合によっては、仮登録という形になります。その場合は、メールに記載されている本登録用のURLにアクセスすることで契約完了です。

では、メールに記載されているレンタルサーバーの管理画面にアクセスして、使い方を見て行きましょう。

レンタルサーバーの使い方!独自ドメインを登録編

レンタルサーバーに契約すると、レンタルサーバーのドメインが利用可能になります。

例えば弊社ミックスホストの場合には「mixh.jp」が利用できます。

実際には、ドメインの前にあなたのアカウント好きな文字列のサブドメインが付きます。

例えば「sample」という文字列の場合は、「sample.mixh.jp」になります。

しかし、せっかくレンタルサーバーを利用するのに、サーバーのドメインを使うのは非常にもったいない話です。

レンタルサーバーの使い方として、機能を十分に利用できていないと言えるでしょう。

ただし、レンタルサーバーの使い方などを確認していると、独自ドメインの利用数に制限がある場合もあるので、その点も考慮しておきましょう。

では、独自ドメインの使い方について見て行きましょう。独自ドメインの利用に必要なのは次の3つの操作だけ

  • ドメイン名の登録
  • ドメインの関連付け
  • レンタルサーバーでドメインの利用登録

では、もう少し詳しく見て行きましょう。

まずは独自ドメインを取得しよう!

レンタルサーバーでの独自ドメインを利用するには、まずは独自ドメインを取得する必要があります。

独自ドメインはドメイン取得業者のサイトにアクセスし、あなたの好きな文字列でドメインを取得します。

ドメイン取得業者に関しては、非常に沢山あるのであなたの気に入ったところで取得してください。

ドメイン取得」などで検索するとすぐに見つかるので、検索上位の業者で取得するのが良いでしょう。

独自ドメインはあなたのサイトに関連する文字列にするのがおすすめです。

サイト名やメールアドレスとして利用するので、そのドメインを見ただけで何のサイトなのかがわかるのが良いでしょう。

どうしても良いドメインが見付からない場合には、間に数字やハイフンを使うなど、文字列の使い方にも工夫しましょう。

では、独自ドメインが取得できれば、次はドメインの関連付けです。

独自ドメインの使い方!ドメインをサーバーに関連付けよう!

独自ドメインの使い方で重要なのがネームサーバーの設定です。

独自ドメインをレンタルサーバーで利用する場合、そのドメインがどこのサーバーで利用されるのか教えなくてはなりません。

設定方法は簡単で、ドメインを取得した業者の管理画面で「ネームサーバーの設定」を行います。

ネームサーバーはあなたが実際に利用するレンタルサーバーによって決まっているので、レンタルサーバー側で確認してください。

ネームサーバーが設定できれば、あと一息です。レンタルサーバー側で利用登録をしましょう。

レンタルサーバーでドメインの利用登録

独自ドメインをレンタルサーバーで利用できるように、レンタルサーバー側でドメインの追加登録を行います。

登録自体はとても簡単。ドメインを入力するだけなのですが、一つだけ注意点があります。

それは、ネームサーバーの設定を行ってもすぐに反映されない場合があることです。

早ければ数分で反映されますが、数時間掛かることもあるのでしばらく待ってから利用登録をすることをおすすめします。

レンタルサーバーの契約をしたら独自ドメインを利用してみよう。

独自ドメインを登録の流れ
  1. 独自ドメインを取得
  2. ネームサーバーの設定
  3. レンタルサーバーにドメインの追加登録

では、実際にサイトを作成し、運営していきましょう。

レンタルサーバーの使い方!サイト作成・運営編!

サイト作成方法にはいくつか種類がありますが、現在主流の方法としては次の2種類です。

  1. htmlでサイトを作ってアップロード
  2. WordPressでサイト作成

現在、多くのサイトがWordPressになってきていますが、WordPressを利用するにはデータベースが必要となります。

ですから、データベースが使えない場合にはhtmlでサイトを作成する必要があります。

htmlでサイトを作る場合、テキストエディタで打ち込む方法もありますが、ホームページ作成ソフトなどを使った方が簡単です。無料で利用できるソフトなどもありますので、挑戦してみてください。

また、WordPressでのサイト作成の場合はレンタルサーバーによって使い方は異なります。

WordPress簡単インストール機能を利用するのが良いでしょう。使い方はとっても簡単です。

先程登録した独自ドメインとサイト名を入力してボタン一つで作成完了。あとは自分好みに調整するだけです。

サイト作成方法は次の2種類が主流

  1. htmlでサイトを作成する
  2. WordPressを利用
ホームページ作成ソフトや、WordPress簡単インストール機能が便利。

では、実際に弊社ミックスホストではどのような使い方なのかを見て行きましょう。

ミックスホストのの使い方!申し込みからサイト立ち上げまで!

では、実際のレンタルサーバーの使い方を弊社ミックスホストを例にして紹介しましょう。

弊社ミックスホストの強みはクレジットカードなどの登録をしなくても10日間無料で利用できる点です。

あなたに何のリスクも生じないので、是非一緒に登録して使い方を見ていきましょう。

では、早速登録からしてみたいと思います。

レンタルサーバーの使い方の流れとしては次のような手順になります。

まずはレンタルサーバーに申し込もう!

まずは弊社ミックスホストの公式ページから「申し込む」または「クレジットカード不要で今すぐ10日間無料お試し!」というボタンをクリックして、申し込み画面を表示させます。

mixhost LP

今回はディスク容量150GBの「スタンダード」を選択しました。

スタンダードコースは最も安い(月額880円)プランですが、150GBはかなりの大容量なので個人利用の場合は十分過ぎるディスク容量です。

プラン一覧

スタンダードにチェックをいれて「続ける」をクリックすると、ドメイン設定画面が表示されます。

こちらで設定した文字列が「mixh.jp」のサブドメインとして利用できます。

あなたの好きな文字列を入力してください。

利用手順

もちろん独自ドメインも利用できますが、独自ドメインの設定は申し込み後となります。

ドメインを決めたら、「続ける」を押して確認画面に移動しましょう。

更に、「お客様情報の入力」ボタンを押し、個人情報を入力します。

入力の必要な情報としては、次の5項目です。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • パスワード
情報登録

あなたの個人情報を入力したら、利用規約を読み、「利用規約に同意」にチェックをして「注文完了」ボタンをクリックします。

登録が完了すると、登録したメールアドレス宛に次の3通のメールが届きますので、確認しておきましょう。

  • 【mixhost】 ご登録完了のお知らせ
  • 【mixhost】 お申込み受付完了のお知らせ
  • 【mixhost】サーバーアカウント設定完了のお知らせ

これで登録が完了しました。

それでは、実際にレンタルサーバーを使ってみましょう。使い方は凄く簡単なので、すぐに慣れるのではないでしょうか。

レンタルサーバーの管理画面にログインにログインしてみよう!

レンタルサーバーへの登録が完了すると、すぐにサーバーにログインすることができます。

登録完了画面からもログインできますし、登録完了通知のメールからもログインできます。

早速ログインして使い方を見ていきましょう。

cpanel 使い方

WordPressでサイトを作ってみよう!

前述した通り、近年は多くのWebサイトがWordPressで作られています。実は、それだけWordPressの使い方が簡単ということでしょう。

最初は使い方がわからないと悩む部分もあるかもしれませんが、一度設定してしまえば後は記事を書くだけです。

更に、弊社ミックスホストではWordPressのインストールもとっても簡単

手順は以下の通りです。

  1. コントロールパネルにログイン
  2. SOFTACULOUS APP INSTALLERの「WordPress」よりインストール
  3. インストールしたサイトにアクセスして各種設定
wordpress 使い方

インストーラーの使い方もとっても簡単。ほとんどボタン一つでインストールできてしまいます。

後はサイトにログインして編集するだけ。簡単なので、是非挑戦してみてください。

まとめ

今回はレンタルサーバーの使い方について紹介しました。

レンタルサーバーの選定方法から実際に利用するところまで、何となく理解して頂けたでしょうか。

レンタルサーバーの使い方自体はそれ程難しいことではありませんので、一度実際に使ってみればすぐに理解できるでしょう。

重要なことは、レンタルサーバーの使い方ではなく、

  • あなたがどのような情報を掲載するのか
  • どれだけ有益な情報を発信するのか

です。

是非、多くの人に有益な素晴らしいサイトを作ってみてください

サーバーの失敗しない選び方についてはコチラの記事で解説しているので、必ず確認してから選んで下さいね。

レンタルサーバーの選び方
ここだけ見ておけ!レンタルサーバーの正しい選び方!5つのポイントに注目せよ!レンタルサーバーは運営会社が凄く多く どこが良いのか分かりにくい ので、テキトーに選んでいるという方も多いのですが… ...

【レンタルサーバーならmixhostがオススメ!】

mixhostは同価格帯で最もハイスペッ自身をもってご紹介できる高品質サーバーです。

低料金で安定・高速通信が可能な秘密をぜひ確認してみて下さい!

mixhos t料金・スペック解説ページ