サイト運営

ドメイン購入の流れと注意点!取得サービスはどこがおすすめ?

ドメイン購入

ホームページを作成する時のはじめの一歩と言えば何でしょうか?

あなたホームページのアドレスを決めるという作業です。

そして、ホームページのアドレスは解りやすく独自ドメインを使うのがおすすめです。

最近では独自ドメインの種類も増え、アドレスを見ただけで何のサイトなのか解りやすくなってきたように感じます。

例えば、店舗のサイトなら「.shop」であったり。すぐに何かのお店だということが理解できます。

実はドメイン購入というのはそれ程難しいものでも敷居の高いものでもなく、もっと気楽にできるものなのです。

ですから、今日はドメイン購入の流れと注意点などをわかりやすく解説したいと思います。

購入するのは独自ドメイン

ドメインとは何かというと、インターネット上の住所を解りやすく表していると思ってください。

インターネット上の住所は本当はIPアドレスという数字の羅列で表わされます。

しかし、数字の羅列では非常に解り辛いので、IPアドレスを文字列に置き換えて利用します。文字列は数字とは違い、意味の表現もできますし、覚えやすいという利点もあります。

ですから、住所は人間に解りやすい文字で表現し、通常はこちらを使用します。つまり、コンピュータでは数値に置き換えて使用しているようなイメージ。

では、具体的にドメインとはどのような仕組みになっているのでしょうか。実際はいくつかのパートに分けられています。

例えば、弊社の「https://www.mixhost.jp/」というドメインを見てみると、

  • https://
  • www.
  • mixhost
  • .jp/

という3つのパートが組み合わさっています。

実際は「www.」は省略され「https://mixhost.jp/」となっています。

この中で、あなたが自由に決められるのは「mixhost」に相当する部分。

そして「.jp」に相当する部分は予め決められた文字列の中から選択することになります。

「.jp」に相当する部分のことを「トップレベルドメイン」と言い、中には個人では取得できないものやその国に住所がなければ取得できないものもあります。

では、トップレベルドメインについてもう少し詳しく見て行きましょう。

トップレベルドメインとは

トップレベルドメインには、大きく3種類に分けられます。

  • 分野別トップレベルドメインgTLD
  • 国別トップレベルドメインccTLD
  • インターネットインフラ用のTLD

上記の中で、「インターネットインフラ用のTLD」はユーザー登録のできないドメインです。ですから、ユーザーが登録できるのは上記の2種類ということになります。

分野別トップレベルドメイン

分野別トップレベルドメインはgTLD(Generic Top Level Domain)と呼ばれるドメインです。

gTLDには次のようなドメインがあります。

  • .com
  • .net
  • .com
  • .org
  • .info

その他にも多数ありますが、分野・使い道で分類されるイメージです。

しかし、制限の無い場合が多く、空いていれば自由に取得することができるドメインが多数あります。

また、gTLDの中にはsTLD(Sponsored Top Level Domain)と呼ばれるスポンサーを持つドメインもあります。

国別トップレベルドメインccTLD

国別トップレベルドメインはccTLD(Country code top-level domain)と呼ばれるドメインで、国や地域ごとに割り当てられています。一部を下記に記載します。

  • .jp:日本
  • .us:アメリカ合衆国
  • .uk:イギリス
  • .it:イタリア
  • .eu:EU連合
  • .cn:中国

あなたが日本に住んでいるのなら、基本的に「.jp」以外のccTLDを取得することはできません。しかし、一定の条件を満たせば他国のccTLDを取得することもできる場合があります。

では、それを踏まえてドメイン購入の流れを見ていきましょう。

・ドメインとは、インターネット上の住所を解りやすく表しているもの。
・トップレベルドメインは、gTLD、ccTLD、TLDの3種類がある。

ドメイン購入の流れ!4つのステップで簡単取得!

ドメイン購入の流れは次の4ステップです。

  1. トップレベルドメインを決める
  2. 独自ドメインを決める
  3. ドメイン取得契約をする
  4. ネームサーバーを設定する

では、順に詳しく見ていきましょう。

まずは購入するトップレベルドメインを決めよう!

ドメイン購入をするにあたり、まずはトップレベルドメインをある程度決めておきましょう。

例えば店舗のサイトを作るなら「.shop」であったり、ビジネス関係なら「.work」や「.biz」などがおすすめ。

ただし、トップレベルドメインを決めておいても、思っている文字列のドメインが既に取得されている場合は購入できません。

ですから、その時はトップレベルドメインを違うものにするか、文字列を少し変更するかという選択になります。

購入する独自ドメインを決めよう!

次に、具体的にあなたが購入する独自ドメインを決めます。ドメイン名を決めたら、ドメイン取得業者のサイトでその文字列を検索してみてください。

文字列を検索すると、ドメイン購入が可能か否かが表示されます。

例えば下の画像は「お名前.com」にて「mixhost」を検索した結果です。

お名前ドットコム

「×」印のドメインは取得不可能ですが、「.site」「.tokyo」などは今すぐ取得可能。メールマークについては現在取得は不可能ですが、空き状態になれば取得可能という連絡が届きます。

では、思ったようなドメインに空きがない場合はどうすれば良いでしょうか。まずは似たような意味の言葉で再度検索してみましょう。

ドメイン購入で使える文字の種類

ドメイン購入で使える文字列は3文字以上63文字以下と決まっています。更に、文字の種類としては、次のような決まりがあります。

  • 半角英数字(A~Z、0~9)
  • 半角のハイフン『-』

また、トップレベルドメインによっては日本語ドメインも取得可能。

日本語ドメインは表示は日本語ですが、実際はピュニコード(Punycode)という英語表記に変換されています。

ですから、どうしても取得したいドメインに空きがない場合

  • ハイフンを入れる
  • 日本語にする
  • ローマ字にする

といった工夫をしてみてください。

では、ドメイン名が決まったとして、次はいよいよドメイン購入のための契約となります。

ドメイン購入のための契約をしよう!

ドメイン購入には取得サービスを行っている業者の会員である必要があります。

ですから、まだ会員でないという場合には、まずは会員登録をしましょう。

一般的な会員登録と同じなので特に難しいことはありません。

必要な個人情報としては、

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス

といったところ。

取得業者や支払い方法にもよりますが、クレジットカードなどの情報は必須ではありません。ただし、支払いをクレジットカードに設定すると、当然ながらカード情報の入力をしなければなりません。

ドメイン取得業者に登録を行った後、先程決めたドメインの購入申し込みをします。

クレジットカードでの支払いの場合は、すぐにドメイン購入が完了し、利用可能となります。

その他の支払い方法(コンビニ支払い・銀行振り込みなど)については、料金納入確認に時間が掛かるので、支払い完了のメールが届くのを待ちましょう。

ただし、ドメイン購入が完了したからと言って、そのまま独自ドメインとして使用できるわけではありません。ネームサーバーの設定が必要となります。

ネームサーバー設定でドメインを使えるようにする

ドメイン購入が完了すると、取得業者の管理画面でネームサーバーの設定が可能になります。

ネームサーバーというのは、そのドメインとIPアドレスを紐付けるもの。

ですから、あなたが実際に利用するサーバーのネームサーバー情報をドメインを購入した業者の管理画面に設定する必要があります。

ここまでできれば、実際に購入したドメインをサーバーで使用可能。

ただし、ネームサーバーを変更した場合は情報の反映に時間が掛かる可能性があるので、しばらく待ってから使用してください。

ネームサーバーの反映には最大で24時間程度掛かると書かれていることが多いのですが、実際にはそんなに掛からないようです。

では、次にドメイン購入時・購入後の注意点について見ていきましょう。

ドメイン購入の流れ

  1. トップレベルドメインを決める
  2. 独自ドメインを決める
  3. ドメイン取得契約をする
  4. ネームサーバーを設定する

ドメイン購入時の注意点!更新忘れには要注意!

ドメイン購入時と購入後に少しだけ注意しなければならない点があります。それは、次の2点。

  • Whois情報の公開
  • 更新忘れ

では、順に見ていきましょう。

Whois情報の公開のデメリット!

ドメインを購入すると、

このドメインを使っているのはどこの誰です

という情報を公開しなければなりません。この情報をWhois情報と言います。

しかし、個人情報を全世界に向けて知らせるのはちょっと怖いという場合には、「Whois情報公開代行」というサービスを利用しましょう。

最近では初期状態で代行となっていることが多いのですが、そういったサービスの無い取得業者もあるので注意が必要です。

また、後から変更すると費用が必要なこともあるので、ドメイン購入時に必ず確認しておきましょう。

次にドメインの更新についてです。

ドメインの更新を忘れたら失効される?

ドメインは年間契約となっています。

初回のドメイン購入時に2年分、3年分という支払いを設定していない限り、基本的に1年更新です。

トップレベルドメインの種類によっては1年更新しかできないものもあります。

ですから、ドメイン購入後1年を過ぎると、更新費用の支払いをしなければなりません。

もし、支払いをしなかった場合は、そのドメインを使い続けることができないので注意してください。

ただし、支払い期限が過ぎたからすぐに失効するのかと言うと、そうではない場合も多いので、ドメイン購入業者にすぐに問い合わせてみてください。

では、最後にドメインを購入できる取得サービスを紹介しましょう。

ドメイン購入時の注意点

  • Whois情報の公開
  • ドメインの更新忘れ

独自ドメイン取得サービス10選

ドメインを購入しようと思っても、どこで購入すれば良いのかわからない場合もあるかもしれませんので、ドメイン取得サービスを厳選して10社だけ紹介しておきましょう。

【人気のドメイン取得サービス】

最も有名なのは「お名前.com」ではないでしょうか。

テレビCMも打っていますし、取得時にかなり安く購入できることもあるので、最初にチェックするべきドメイン取得サービスと言えます。ただし、メールがかなり鬱陶しいのでその点だけ注意してください。

その他のドメイン取得サービスに関しても、特に問題ないので購入時の価格と更新時の価格だけ確認して安価な業者を利用することをおすすめします。

まとめ

今回はドメイン購入の際の手順や注意点などについて紹介しました。

ドメイン購入というと、身構えてしまうかもしれません。

しかし、実際に購入してみるとわかりますが、ドメインの価格もそれ程高い買い物ではありませんし、購入の方法も実に簡単です。

是非、わかりやすいドメインを購入して、あなたにしかできない情報発信の場にしてください。

ドメインを取得した後は、レンタルサーバーが必須になります。

サーバー選びを間違うと、サイトの表示速度を始め、読者にとって様々な不具合が発生します。

サーバーの失敗しない選び方についてはコチラの記事で解説しているので、必ず確認してから選んで下さいね。

レンタルサーバーの選び方
ここだけ見ておけ!レンタルサーバーの正しい選び方!5つのポイントに注目せよ!レンタルサーバーは運営会社が凄く多く どこが良いのか分かりにくい ので、テキトーに選んでいるという方も多いのですが… ...

【レンタルサーバーならmixhostがオススメ!】

mixhostは同価格帯で最もハイスペッ自身をもってご紹介できる高品質サーバーです。

低料金で安定・高速通信が可能な秘密をぜひ確認してみて下さい!

mixhos t料金・スペック解説ページ