WordPress

今更聞けない|WordPressに必要なデータベース!どんな役割で使用している?

ワードプレス データベース

WordPressでサイトを作成する時に「データベース」という言葉を目にする機会が度々あります。

最近はWordPressをインストールする時にレンタルサーバーに備わっている簡単インストール機能を利用できるので、データベースについては詳しく知る必要がありません。

しかし、WordPressを扱う以上、データベースについての最低限の知識は持っておいた方が良いでしょう。

株式会社PEEP代表 高原
株式会社PEEP代表 高原
自分でWordPressを微調整したくなった場合に必要です

今回はWordPressにおけるデータベースの役割りについて、初心者にも解りやすいように解説してみたいと思います。

あなたが直接データベースを扱う必要がなくても、予備知識として持っておいて損は無いですので、是非最後まで記事を読んでみてください。

株式会社PEEP代表 高原
株式会社PEEP代表 高原
WordPressの準備で苦戦している方は、下記のやり方に切り替えてサクッと済ませましょう!最速でWordPressを開設することができます。
初心者-wordpress-始め方
【一番簡単!】WordPressの始め方!初心者でも5分でできる”クイックスタートのやり方 この記事では、直近3年のアフィリエイト報酬が1億円を超えている僕が、 イチバン簡単なWordPressの始め方 を解...

WordPressにデータベースが必要なのはなぜ?

まず、データベースとは何かという基本的なところから考えてみましょう。データベースという言葉は非常に良く耳にしますが、具体的には何かということを考えたことは少ないのではないでしょうか。

データベースとは様々なデータを一定の形式で整理整頓して入れておく引き出しのような物。

そして、必要なデータがあれば、すぐにその引き出しから取り出して利用することができます。

もう少し詳しく言えば、データベースとは

  • 複数で共有・利用する
  • 検索・加工する

ということを目的にしているデータの集まりのことです。

通常のhtml形式のファイルを利用した静的なサイトの場合、データベースは使用することがありません。しかし、WordPressの場合はデータベースを利用してサイトを構築しています。

では、WordPressではどのようにデータベースを使用しているのでしょうか。WordPressのシステムは次の2つで構築されています。

  • PHP(プログラム)
  • MySQL(データベース)

つまり、WordPressのサイトを表示させようとした場合、PHPプログラムによってデータベースの中から

  • 記事タイトル
  • 記事本文
  • 作成日時・更新日時
  • タグ・カテゴリー
  • ステータス

などの情報を取得し、それを指定した箇所に表示させるという方法でサイトを作っているということです。

一見そんな風には見えませんが、実際はそのような流れでデータベースを利用しています。

では、具体的にWordPressで扱っているデータベースの内容について見ていきましょう。

まとめ
WordPressはデータベースを利用してサイトを構築している

WordPressで扱っているデータベースとは?

WordPressが現在使用しているデータベースは次の12個のテーブルで構成されています。

WordPressのデータベース内のテーブル
名称 説明
wp_commentmeta コメントのメタデータが格納されています。
comment_idはmeta_keyとmeta_valueに紐付けられています。
wp_comments WordPressへのコメントの本文やコメントした人などのデータが入ります。
wp_links リンク関係のデータが入ります。ただし、WordPressのCodexを確認すると、現在は非推奨となっています。
wp_options サイト名やパーマリンクなどの情報が入ります。
wp_postmeta 投稿に関するメタデータが格納されています。主にカスタムフィールドとして使用。
wp_posts 投稿・固定ページの本文データやメディア、カスタムメニュー、カスタム投稿などの投稿関連のデータが格納されます。
wp_termmeta カテゴリーなどのデータ(ターム名やそのスラッグの情報)に関するメタデータが格納されています。
wp_terms カテゴリーなどのデータ(ターム名やそのスラッグの情報)が格納されます。
wp_term_relationships カテゴリー・タグなどと記事を紐づけるデータが格納されます。
wp_term_taxonomy カテゴリーなどのシステム用データ。カテゴリー・タグとターム名を紐づけるデータが格納されます。
wp_usermeta ユーザー特有のメタデータ(ニックネームなど)が格納されます。
wp_users 管理者のユーザー名、パスワード、メールアドレスなどのユーザー情報を格納します。

上記のテーブルの中で、最も重要なのが記事に関する部分である「wp_posts」です。wp_postsにはどのような内容のデータが格納されているのでしょうか。

wp_postsの主な内容は次のようになっています。

  • ID:投稿ID
  • post_title:記事のタイトル
  • post_content:記事の本文
  • post_excerpt:記事の抜粋
  • post_status:記事のステータス(公開済み・下書きなど)
  • post_date:記事の投稿日時
  • post_name:投稿スラッグ
  • post_type:投稿種別(投稿・ページなど)

イメージで捉えると、下の表のようになります。

ID post_title post_content post_date
1 WPの仕組み WordPressの仕組みについて・・・ 2019-10-01 01:12
2 タグとは? タグとは何かということについて・・・ 2019-10-03 10:10
3 データベースとは? 今日はデータベースを勉強しましょう・・・ 2019-10-05 21:53

実際はもっと項目が多いのですが、一部を抜粋したような形でまとめました。

この時の列(縦)のことをフィールド(カラム)行(横)のことをレコードと言います。

では、データベースはどのようにして作れば良いのでしょうか。

まとめ
WordPressが使用しているデータベースは12個のテーブルで構成される
最も重要なのが記事に関する部分である「wp_posts

WordPressのデータベースはphpMyAdminで作成可能!

実際に弊社ミックスホストのサーバーでWordPressを利用する場合、必要なデータベースを作るにはphpMyAdminという管理ツールで簡単に作ることが可能です。

予めphpMyAdminでデータベースを作成し、そのデータベースを利用してWordPressをインストールするという手順です。

しかし、実は弊社ミックスホストのサーバーでWordPressを利用する場合は、データベースを手動で作る必要がありません。なぜなら、「WordPress簡単インストール機能」があるからです。

つまり、

  • WordPressをインストールするドメイン
  • WordPressのタイトル
  • メールアドレス

を指定すれば、データベースに関しては自動的に作成して関連付けることが可能です。

もちろん、前述したように予め準備しておいたデータベースを使用することもできますが、自動でデータベースを作った方が圧倒的に簡単です。

ところで、WordPressで使用しているデータベースはMySQLですが、MySQLというのはどういうものなのでしょうか?

まとめ
WordPress簡単インストール機能を使って自動でデータベースを作った方が圧倒的に簡単!

WordPressで使用しているMySQLデータベースとは?

WordPressを利用していると、MySQLという言葉を良く見るのではないでしょうか。

前述した通り、MySQLはデータベースの管理システムのことで、実は世界中の多くの企業が使用しています。

では、どうしてMySQLが広く利用されているのでしょうか?実はMySQLには以下のような特長がありました。

  • オープンソースなので無料で使用可能
  • 複数のOS(Linux、Windows、Mac OS Xなど)で使用可能
  • 操作方法が簡単
  • 管理ツールが充実している

WordPressを使用する上では特にMySQLがどのようなものか、その内容まで把握する必要はないかもしれません。

しかし、MySQLが何なのかということくらいは知っておいた方が良いでしょう。

では、次にWordPressのデータベースをバックアップする方法について紹介しておきましょう。

まとめ
MySQLはデータベースの管理システムで世界中の多くの企業も使用
オープンソース、複数のOSで使用可能、操作方法が簡単、管理ツールが充実している特徴がある

WordPressのデータベースをバックアップ!プラグインがおすすめ!

WordPressのデータベースのバックアップを取る主な方法としては次の2つの方法があります。

  • phpMyAdminでバックアップを取る
  • WordPressのプラグインを使用する

プラグインをあまり使用したくないという場合にはphpMyAdminでバックアップを取る方法が良いと思いますが、プラグインを使用した方が簡単なイメージです。

ですから、データベースのバックアップを取るのなら、WordPressのプラグインを使用する方法がおすすめです。

WordPressのサイト全体のバックアップをして、サイト移行をするには次の2つのプラグインがおすすめです。

  • All-in-One WP Migration
  • Duplicator

しかし、今回はデータベースのバックアップに特化する方法について見ていきましょう。

データベースのバックアップを行うプラグインはいくつかあるのですが、おすすめは次の3つです。

  • UpdraftPlus
  • WP-DBManager
  • BackWPup

中でもおすすめは「UpdraftPlus」です。

無料で利用できるプラグインですが、バックアップが簡単に取れるのは勿論のこと、復元機能もあるので何かのトラブル時には確実に役に立つでしょう。

まとめ
WordPressのデータベースのバックアップはプラグインを使用した方が簡単!
バックアップを行うプラグインは「UpdraftPlus」がおすすめ

まとめ

今回はWordPressのデータベースについて取り上げてみました。

WordPressはPHPのプログラムからMySQLデータベースを読み込んでサイトを構築しています。

  • 記事タイトル
  • 記事本文
  • 作成日時・更新日時
  • タグ・カテゴリー
  • ステータス

などの情報が整理された状態で格納されていて、必要に応じてデータを取り出し、サイトに表示させるようなシステムとなっています。

WordPressが現在のバージョンで使用しているデータベースは次の12個のテーブルです。

  • wp_commentmeta
  • wp_comments
  • wp_links
  • wp_options
  • wp_postmeta
  • wp_posts
  • wp_termmeta
  • wp_terms
  • wp_term_relationships
  • wp_term_taxonomy
  • wp_usermeta
  • wp_users

これらのデータベースはバージョンが上がる毎に非推奨になったり、或いは新たなテーブルが増やされたりということがあります。

バージョンが上がるということは改善されるということなので、データベースの使用方法も今後さらに改善されていく可能性があります。

WordPressのデータベースというと少しハードルが高いイメージがあります。

しかし、データベースを扱えるようになると色々なことができるので、これを機により深い部分まで学んでみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
高原 弘史朗 【株式会社PEEP代表取締役】
高原 弘史朗 【株式会社PEEP代表取締役】
【ブログ実績】 2015年ブログアフィリエイト開始→1年半で月100万円達成→2019年アフィリエイト報酬月1000万円達成・通算 1億円突破 【会社】 サイトとSNSを組み合わせた集客のアドバイスが得意。マーケティングまで含めたHP制作・デザインを承っています。 【僕】 嫁子供犬とのんびり暮らし 釣りとキャンプとお笑い大好きです。