レンタルサーバーの選び方

WordPressのサーバーは絶対コレ!ブログ収益1億超えのプロが教える正しい始め方

こんにちは!専業アフィリエイター6年目、当コラム担当の高原です!
(全日本SEO協会認定コンサルタント/上級ウェブ解析士)

Twitter(@Koshiro_Taka)でも役立つ情報をつぶやきますので、よかったらぜひフォローしてくださいね^^

この記事では、直近3年ブログ収益が1億円を超えている僕が、

WordPressにベストなサーバー

について初心者でも完全にわかるよう解説します!

↓この記事は動画でも解説しています↓

早速結論から…

僕がこれまでたくさんのサーバーを使ってきた中で、WordPressに一番おすすめなのはmixhostのレンタルサーバーです。

今からWordPressを使うなら、間違いなく最強といえるでしょう。

そしてプランは最も安い「スタンダードプラン」からでOK。

これなら

  • 3年契約なら月額968円
  • 1年契約でも月額1,078円

と1,000円を切る価格ではじめられ、超リーズナブルです。

株式会社PEEP代表 高原
株式会社PEEP代表 高原

WordPressはWEBサイトの中でも特に重いので「最低でもこのくらいのサーバースペックは必要です。

その上で、誰でも気軽に利用できる金額なのがおすすめポイントです。

僕もこれまでWordPressでいくつもサイトを作ってきましたが、今初心者の方におすすめしているのは下記の3サーバーのみです。

  1. mixhost
  2. エックスサーバー
  3. ConoHa WING

WordPressを始めるにはこの3社から選びましょう。

この3社は料金面では月数十円の差しかありません。またサーバーのスペックもかなり近く、WordPressを利用するのに十分な能力を持っています。

その中でもmixhostは

  • 料金面も最安クラス
  • WordPressのインストールが一番簡単(5分でできる)
  • サーバーのスペックが一番高い

という3点で優れていて、1つ飛び抜けている感じです。

特にmixhostだけの機能「WordPressクイックスタート」が優秀で、初心者がゼロから始めても5分でWordPressを開設できるという最強の特徴を持っています。

株式会社PEEP代表 高原
株式会社PEEP代表 高原

mixhost以外のサーバーだと、慣れている僕でも20分、初心者の方なら1時間〜半日ほどかかります。

ということで、WordPressを始めるならサーバーはmixhostしか無い!というくらい強くおすすめしています。

クイックスタートを使った5分でできるWordPress開設方法をこちらで解説しています。

株式会社PEEP代表 高原
株式会社PEEP代表 高原

早速WordPressを始めたいという方は、サクッとやっちゃいましょう!

初心者-wordpress-始め方
【一番簡単!】WordPressの始め方!初心者でも5分でできる”クイックスタートのやり方 この記事では、直近3年のアフィリエイト報酬が1億円を超えている僕が、 イチバン簡単なWordPressの始め方 を解...

この記事では、mixhostがWordPressに最適なサーバーである理由について完全に納得できる根拠を解説していきます。

株式会社PEEP代表 高原
株式会社PEEP代表 高原

特に超格安のレンタルサーバーを検討していた方は、絶対に読んでおいてください!

WordPressは格安サーバーに不向き

初心者が最初に感じるのは価格の安いレンタルサーバーです。近年、レンタルサーバー業界では格安で利用できるサーバーが非常に増えているので、そういったものは初心者にとって利用しやすいでしょう。

しかしレンタルサーバーの契約をするとき、利用料金だけを見て決めるというのは非常に危険

特にWordPressはそもそもめちゃくちゃ重いCMSなので、一定以上のスペックのサーバーを使わないと読者にストレスがかかるほど表示速度が遅くなります。

このように普通のHTMLサイトであれば月100円などの格安のレンタルサーバーでも問題なく表示できます。

しかしWordPressはサイトを表示するまでにデータベースからファイルを探すなどの作業があり、サーバーのスペックが低いと表示までにかなり時間がかかってしまいます。

実は、利用料金の安さだけを見てWordPressを利用しようとすると、結果的にサーバーの引っ越しをしなければならなくなるケースがあります。

WordPressにおすすめのサーバー条件

現在、レンタルサーバーの中には非常に利用料金の安い格安サーバーというものが増えてきました。

利用料金は1ヶ月あたり100円前後なので、コンビニでコーヒーを1杯飲むのを我慢すれば利用できます。

利用制限のある無料サーバーを借りるくらいなら、月額100円支払って格安サーバーを借りている方が良いという認識でしょう。

初期費用が必要だとしても、最初の1年間の利用料金は3,000円弱というところ。2年目以降は本当に1,200円で利用できます。

ただし、格安サーバーの場合、WordPressが利用できない場合が多くなっています。

また、WordPressが利用できたとしても、利用条件は非常に悪く、様々な問題があるでしょう。

では、WordPressが快適に利用できるレンタルサーバーの利用条件はどのようなものでしょうか?

主に考えられるものは次の7つです。

  • データベース(MySQL)が利用できる
  • 複数のWordPressを作ることができる
  • バックボーン回線が強靭であること
  • データ転送量の制限が緩い
  • PHPの処理速度が速い
  • サポート体制がしっかりしている
  • WordPressのインストールが簡単

では、それぞれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

WordPress用のサーバーはデータベースの利用が必須!

WordPressは静的なホームページとは違い、データベースに格納されたデータをPHPプログラムで呼び出して表示させています。

WordPressで使用しているデータベースは主に次の10種類

  • wp_posts:投稿関連の主要なデータ
  • wp_postmeta:wp_postsのメタデータ
  • wp_terms:カテゴリーやタグの関連データ
  • wp_term_taxonomy:カテゴリー・タグとターム名を関連付け
  • wp_term_relationships:カテゴリー・タグと投稿を関連付け
  • wp_user:ユーザー情報を格納しているテーブル
  • wp_usermeta:ユーザ・メタデータ
  • wp_comment:コメントデータ
  • wp_commentmeta:各コメントのメタデータ
  • wp_options:管理画面メニューの「設定」で入力した情報

WordPressに記事を投稿することで、上記のそれぞれのテーブルに情報が書き込まれます。

そして、訪問者が閲覧する時にプログラムによってそれぞれのデータを表示させるという仕組み。

ですから、データベースの利用できないサーバーではWordPressを利用することができません

実は、前述しました月額100円前後で利用できる格安レンタルサーバーの場合、データベースが利用できない仕様のものがほとんど。つまり、WordPressが利用できないということになります。

ですから、WordPresを使用してサイトを構築するには格安サーバーよりもう少し利用料金の高いプランを利用する必要があります。

目安では月額料金が250円以上というところでしょう。ただし、やはり月額250円程度のレンタルサーバーではWordPressを使用するスペックとしては不十分。

要点まとめ

WordPressを利用するためにデータベース(MySQL)が利用できるサーバーが良い

複数のWordPressを作れるサーバーを選ぶ

では、何故月額250円程度のレンタルサーバーではWordPressを使用するスペックとしては不十分なのかと言うと、複数のWordPressを利用できない場合があるからです。

つまり、利用できるデータベースの個数に制限があり、それが『1個だけ』となっている場合などがあります。

ただし、1つのデータベースでも工夫すれば複数のWordPressサイトを構築することは可能。

とは言え、本格的に複数のWordPressサイトを運営するにはおすすめできるレベルではありません。

要点まとめ

本格的に複数のWordPressを利用するには利用できるデータベースの個数が多いサーバーが良い

WordPressは重い!バックボーン回線が強靭なサーバーを選ぼう!

WordPressはプログラムを走らせ、データを一つ一つ取ってきて表示させるというシステムです。

ですから、動作速度はどうしても遅くなってしまいます。つまり、サーバーへの負荷も大きくなるということです。

そして、表示速度という点でも静的なサイトよりは遅くなるのは言うまでもありません。ですから、サーバー回りの通信速度が速いことも求められます。

つまり、サーバーのバックボーン回線が強靭であることが必要。

そういう点ではサーバーの利用料金にある程度比例するイメージで考えれば良いでしょう。

バックボーン回線が安心できるレベルとなると、月額1000円前後のレンタルサーバーとなります。

要点まとめ

WordPressはサーバーへの負荷が大きくなるので、バックボーン回線が安心できるサーバーが良い

データ転送量の制限が緩いサーバーを選ぼう

これはWordPressに限ったことではないのですが、レンタルサーバーによってはデータ転送量の制限を設けている場合があります。

ですから、あなたのサイトにアクセスが集中してデータ転送量が増えた場合、通信不可能な状態になってしまう可能性もあります。

また、レンタルサーバー業者によってはデータ量が超過した場合は別途課金が必要な場合もあります。

その点、mixhostの場合は転送量に制限はありません。ただし、目安として

  • スタンダード:18TB/月
  • ビジネス:30TB/月

のようになっていますので、継続的にアクセスが増えてきている場合にはプランの変更をする必要があります。

要点まとめ

データ転送量の制限がないか、データ量が超過した場合に別途課金が必要かもチェック!

WordPress用サーバーはPHPの処理速度が重要!

WordPressの表示にはPHPプログラムを使用しています。しかし、PHPプログラムの動作には意外と時間が掛かるので、動作環境が整っているサーバーがおすすめです。

その点、「LiteSpeed」という超高速Webサーバーなら、WordPressの表示を行っても非常に高速でストレスを感じさせません

そして、日本国内で「LiteSpeed」を使い始めた草分け的存在のレンタルサーバーがmixhostです。

ミックスホストトップページ

高速サーバー「LiteSpeed」でWordPressの表示速度を体感してみてください。

要点まとめ

WordPressはPHPプログラムを使用しているので、動作環境が整っているサーバーがおすすめ!

レンタルサーバーはサポート体制も重要!

レンタルサーバーを借りてWordPressを利用する場合、基本的には難しい操作というのはありません。ですから、サーバーが用意しているマニュアルに沿って作業を進めて行けば何も問題はないでしょう。

しかし、初めて利用するサーバーとなると意外と苦戦を強いられることがあります。

例えば

  • コントロールパネルにログインできなかったり
  • 必要なメニューが見付からなかったり

ということもあるでしょう。そんな時に利用するのがヘルプセンターのサポートです。

mixhostのヘルプセンターには電話サポートはありませんが、メールでの問い合わせであっても非常に迅速な対応となっています。

基本的に使いやすいのですが、更にサポート体制も万全。不安要素は何一つありません。

最も悩むのは、WordPressを使い始めるまでの準備段階です。その点についても確認しておきましょう。

要点まとめ

WordPressが快適に利用するためには、サポート体制がしっかりしていることが大事。

WordPressのインストールが簡単なサーバーを選ぼう!

実は、WordPressは最初から設置されているものではありません。あなたが契約したレンタルサーバーに自分でインストールする必要があります。

近年、Webサイトと言えばWordPressというくらいにWordPressで構築されているサイトが非常に増えてきました。

そして、WordPressが主流になってきたことで、レンタルサーバー側ではWordPressのインストールが簡単に行えるように工夫されています。

その点でも特におすすめなのがmixhostの「WordPressクイックスタート機能」です。

mixhostの凄い点は、レンタルサーバーの契約を申し込む時点でWordPressをインストールすることも可能というところ。

独自ドメインに関してもサーバー契約時に同時申し込みができるので、本当に余計な手間が要りません。

要点まとめ

WordPressは最初から設置されていないので、インストールが必要。そのインストールは自分で行うと手間がかかるため、インストールが簡単なサーバーを選ぼう!

まとめ

今回はWordPressを始めるという前提でレンタルサーバーの選定方法について紹介しました。もう一度記事を振り返ってみましょう。

WordPressを利用する時のサーバーの条件としては次の7つの項目に着目すべきでした。

  • データベース(MySQL)が利用できる
  • 複数のWordPressを作ることができる
  • バックボーン回線が強靭であること
  • PHPの処理速度が速い
  • データ転送量の制限が緩い
  • サポート体制がしっかりしている
  • WordPressのインストールが簡単

上記の全てを満たしているサーバーなら問題ありませんが、最もおすすめするのはmixhostのレンタルサーバーです。

mixhostはどちらかと言えば後発メーカーですが、その分他社にはないメリットが多いレンタルサーバーです。特に超高速Webサーバ「LiteSpeed」という点に関しては草分け的存在。PHPプログラムもストレスなく実行することができます。

また、mixhostではアクセスが集中した場合にも追加料金が発生することが無いので安心して利用できます。

WordPressサイトを運営するなら、mixhostを選んでおけば間違いありません。また、国内のサーバーでは珍しくアダルト系のサイトを構築できる点もおすすめです。

クイックスタートを使った5分でできるWordPress開設方法をこちらで解説しています。

株式会社PEEP代表 高原
株式会社PEEP代表 高原

早速WordPressを始めたいという方は、サクッとやっちゃいましょう!

初心者-wordpress-始め方
【一番簡単!】WordPressの始め方!初心者でも5分でできる”クイックスタートのやり方 この記事では、直近3年のアフィリエイト報酬が1億円を超えている僕が、 イチバン簡単なWordPressの始め方 を解...
ABOUT ME
高原こーしろー@情報発信アドバイザー
高原こーしろー@情報発信アドバイザー
フォロワーさんにブログ運営のコツを伝授します|専業アフィリエイター7年目|(株)PEEP代表【経歴】大学4回留年▶︎居酒屋バイト▶︎アフィリ開始▶︎1年間ゼロ▶︎2年目に100万▶︎法人化▶︎月1,000万達成▶︎現在500万くらいウロウロ●全日本SEO協会認定コンサルタント●上級ウェブ解析士●福岡で妻子とイヌの顔の4人暮らし

×